SSブログ
前の5件 | -

はやくこいこいGET BACK〜 [シネマ]

新型コロナの影響で1年上映が延びてしまった「THE BEATLES:GET BACK」

今年の8月27日に全世界同時公開決定、今年の夏はオリンピックよりこっちが待ち遠しい、かな


昨年末に公開されたこの映画の特別映像見ると、確かにリンゴが言ってるようにみんな楽しそうに笑ってセッションしてるシーンばかり

これ見たときはやっぱりちょっと衝撃を受けた

だってこのセッションに対するイメージは、あの映画「LET IT BE」に写ってるみんながピリピリしてて、時には険悪なムードになって、何より倦怠感が全体的に漂ってて、こりゃどうしたって解散が必然、という、あのイメージしかなかったら

001.jpg

もちろんLET IT BEの険悪なムード、ピリピリ感、漂っていた倦怠感も、確かに事実を写していたんだと思う

ただ、それがすべてじゃなく、この特別映像で見られる和気藹々としてる4人がいたのも、また事実なんだと思う


黒澤明の「羅生門」のごとく、どういう意図で映像を切り取るかによって事実が180度違って見える、そのことを改めて感じさせられたり


などといろいろ語っても、まだ見てませんから「GET BACK」、早く見たい!!!


タグ:BEATLES
コメント(0) 
共通テーマ:映画

フィル・スペクターさん死去 [ロック!!]

一報見て、あれ、まだ生きてたんだっけ、というのが率直な感想でした

殺人罪で逮捕されて収監されたのはだいぶ前にニュースで見た記憶があるけれど、結局収監中に新型コロナウィルスによる合併症で亡くなったとは、ポピュラー・ミュージック界に与えた影響の偉大さを思うとあまりにも哀れな幕切れ… ただ、ネットで晩年の写真がいろいろ出ているけれど、それ見るともう本人はあっち側に行ってしまったかのような顔つきで、本人は自分の人生をそんなに不幸とは思わずに逝った、のかもしれないよね


115917.jpg

で、彼をBEATLESファンの視点で見ると、そりゃあめちゃくちゃ功罪あるプロデューサーですよね

罪はもちろん「LET IT BE」(頼んだ方が悪いのでフィルに罪はないが)とジョンの「ROCK'N'ROLL」

功はジョンの「ジョンたま」「IMAGINE」

ジョージの「ALL THINGS〜」だけはちょっと評価が難しい ジョージが集めたバックミュージシャンの顔ぶれを見るとこのアルバムの本来の音はこれじゃないだろう(プロデューサーがトム・ダウドだったら…)、と思わなくもないけれど、フィルの奥行き感のあるモコモコっとした音像はこれはこれでジョージらしさが引き出されてるとも思えなくもない

o1024081514622615591.jpg


ノムさんがよく使う「財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上」の格言から、彼の影響を多大に受けたブライアン・ウィルソンや大瀧詠一等々、そしてさらにブライアンや大瀧詠一に影響を受けた音楽家は世界中(日本中)に星の数ほどいることを思えば、数々の奇行はあれど、そして最終的に殺人犯ではあれど、それでも音楽家としのてフィル・スペクターは特上の評価でいいでしょう

そしてフィルの最高傑作といえば、やっぱりね


タグ:BEATLES
コメント(1) 
共通テーマ:音楽

鈴木慶一ミュージシャン生活50周年記念ライブ見てきたよ [ロック!!]

そういえば、今年緊急事態宣言が出た以降、最初に見たライブでした…

欅坂46を偲んで麻布十番から歩いてケヤキ坂を登って六本木へ カップルばっかだし…(そりゃそうか)

IMG_1252.jpg

50周年記念ライブなのに、マニアックな「MOTHER」を取り上げるのは何で?と思ったけれど、他にもいろいろ企画してたけれど、今年のコロナ禍でこれしか実現できなかったようです

とは言え「MOTHER」の全曲ライブは「死ぬまでにやっとかなきゃ」シリーズの一つということで、慶一氏のミュージシャン人生にとってこのアルバムは結構重要なんですね

IMG_1254.jpg

バンドの演奏力が完璧で、ゲストボーカルもみんな素晴らしかった

斎藤アリーナちゃんって、「あまちゃん」のGMT47でベロニカ役やってたんだね、後で知りました

最後の全員揃ってのエイト・メロディーズはちょっと感動したかも

アリーナちゃんが出ていたEテレのムジカ・ピッコリーノで演奏したエイト・メロディーズのVがあったので、これを


タグ:鈴木慶一
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

THE BAND かつては兄弟だったときもあったっけなぁ(邂逅) [ロック!!]

って題名でしょうか

pre_bg.jpg

映画の後のトークショーで健太師匠がおっしゃるとおり、両雄並び立たず、でもその両輪がないと車は前に進まない

BEATLESしかり、STONESしかり、BEACH BOYSしかり、PINK FLOYDしかり、はっぴいえんどしかり、等々

そして周りは2人の関係についていろいろ言うけれど、本当のところはその2人にしかわからない

そういう物語でした

IMG_1172.jpg

実はTHE BANDって、昨今の評価の割に未だにどこか距離を感じてしまう音楽のひとつ

なぜなら自分が多感な青少年のときに誰かさん(YSさん)にブリティッシュロック至上主義を教育されたのが大きかったからなんだと思う それがなくとも、70年代に日本では音楽メディアに(ニュー・ミュージック・マガジンはあったかも知んないけど、ローティーンの自分には敷居が高すぎた)THE BANDってほとんど取り上げられていなかったように思う

当時ロッキンオンでTHE BAND界隈に関する原稿なんて読んだことなかった ロッキンオン的(今でいうところの中2病的)なロックの聴き方をしていたら、THE BANDの音楽は自分の視界(聴界?)にはどうしたって入ってきようがない

THE BANDの登場が'69〜'70初頭のロックシーンにおいてZEPPの登場以上に衝撃的な影響を与えた(以前バラカン師匠と健太師匠のピンポンDJで、当時ロンドンで暮らしてたバラカン師匠もそんなことを言ってた)というのが、最近になって史実として当たり前のように語られるようになってきたけれど、自分には今ひとつ事実として入ってこなかった

ようやくこの映画で、THE BANDの1stアルバム聴いたクラプトンが、リズムギター担当でいいからバンドメンバーにしてくれ、とお願いしたけど断られた、と本人が語るくだりで、やっぱそれは本当だったんだな、と


そしてロビーとリヴォン、「音楽」というフィールドの中ではブラザーになれるけれど、それ以外の価値観・ライフスタイルでは全く接点を見出せない2人のサーガ

そういうのってある、仕事ではまあタッグを組めるけど、趣味とかライフスタイルとか考え方とかは全く合わないヤツって

そしと(ロビーの)奥さんの存在がそれをより露わにしてしまった、これはBEATLESの行く末とも同じだったのかな


映画の最後の演奏シーンをリヴォンが歌っているラストワルツの「オールド・ディキシー・ダウン」にしたのは、ロビーの一抹の懺悔だったのか でもこのシーンがすごくいいんだな



タグ:The Band
コメント(2) 
共通テーマ:映画

ひかるちゃんを応援しよう [アイドル?]

地上波TV番組はHDに撮ってまとめて時間があるときに見ているので、先週の「けやかけ」の後番組も、欅坂最後のNHK「SONGS」もついさっきまとめて見ました

新たなグループの1STシングルのセンターは森田ひかるちゃん、いいと思う

1番ちっちゃいけど、存在感がすごくある で、その脇を大御所の小林と理佐が支えるというのも意図がよくわかる

D2vwDSoUgAAeF0M.jpeg

乃木坂は白石が抜けてもまだまだ別格だし、元妹分だった日向坂はカワイイ路線でグイグイきてるので、櫻坂がどういうポジションを確立できるのか、そして欅坂を超えられるのか、影ながら応援させていただきます

では、大好きだった欅坂に敬意を表して


コメント(0) 
共通テーマ:芸能
前の5件 | -